• 一般の方
  • 治験依頼者の方
  • 医療機関の方



委員紹介

委員紹介

柳澤 正義(やなぎさわ まさよし)

医師(小児科)

【写真】柳澤正義医学研究を基礎研究、トランスレーショナル・リサーチ、臨床研究に分けると、昨今、わが国は、臨床研究の地盤沈下が懸念されている状況にある。治験(治療試験)、臨床試験を含む臨床研究の質の向上が何よりも重要であり、それを推進、活発化させる体制の整備が求められている。臨床研究には、倫理面についての十分な配慮が欠かせないことは言うまでもないことである。一方で、治験・倫理審査委員会(IRB)の適確で迅速な審理が求められる。また、利益相反(COI)の管理も欠かせない。このようなことが多くの施設や機関にとって大きな負担になっていることも確かであろう。この度設立されたNPO法人「臨床研究の倫理を考える会」が、治験あるいは臨床研究を実施しようと計画している研究者及び所属施設を支援する役割を担い、わが国の研究の活性化と質の向上に資することを期待している。

略歴

1964年
東京大学医学部卒業
1969年
東京大学医学博士取得
1974年
自治医科大学医学部助教授
1985年
自治医科大学医学部教授
1994年
東京大学医学部教授
2000年
国立大蔵病院院長
2002年
国立成育医療センター院長
2004年
国立成育医療センター総長
2005年
国立成育医療センター名誉総長
日本子ども家庭総合研究所副所長
2006年
日本子ども家庭総合研究所所長
2012年
日本子ども家庭総合研究所名誉所長